ペット禁止物件を借りた後の心情

わが家はペット禁止物件です。
引っ越しが決まった時には、金銭的な余裕も無かったので、ペットを飼ってもきちんとお世話出来ないから。という理由から、犬や猫ちゃん禁止の物件を借りてしまいました。
ところが、わが家の周りは野良猫だらけ。

しかもなつっこい!普通に玄関先までひょいと入ってきて、くつろいでいくぐらいです。
「あ~この子たち、ペット可なら去勢や寄生虫検査して、蚤取りしてワクチン打って…飼えるのに…。」という願望がもくもくと湧いてきました。
そして、金銭的な余裕が出来て、生活も安定してきたのですが、夫は仕事が忙しく出勤も帰宅も遅いので一人の時間がすごく多いことに気付きました。
すると、元々大好きな犬が飼いたくなってしまいました。

私は昔、ポメラニアンを愛でるようにして飼っていたこともあり、最近は「犬…猫…あぁ飼いたい!」と毎日考えるように。
夫も「柴犬って可愛いよね。」なんて言うものですから、つい携帯で柴犬の画像を検索してしまったり。
隣に家主さまのお宅があるので、直談判してみたら柴犬飼えるかな?
野良猫ちゃんの保護って出来るかな?と、悶々と考え込んだりしています。
(きっとダメなのは承知の上なんですが…。)

今の家は住みやすいし大好きな家なのですが、まさか引っ越ししてから「ペットが飼いたい!」なんて思うと思いませんでした。
我が家にはカクレクマノミが一匹いるのですが、「猫飼ったら狙われるかもしれないよ(笑)」と夫に言われるし、追い討ちのように、「猫飼ったら掃除に追われるよ~(笑)」とまで言われるので、しばらくは、「犬…猫…飼いたい…。」と思いつつ、お散歩中のワンちゃんを生ぬるい目で見てしまうことでしょう。

家族旅行の計画

もともと私はディズニーランドが大好きで、妊婦の時が最後でかれこれ2年以上行っていません。
息子が歩くようになり、寒さが落ち着いてきた春頃にディズニーランドに行こうという計画を今から立てています。
花粉症があるので、行くのは4月になってしまいますが、とても楽しみです。
丁度結婚2周年記念にめなるので、とても良い時期だなと思っています。

4月でも息子は1歳8ヶ月くらいなので、どれくらい楽しめるかは分かりませんが、でもあの夢の世界に行ったら、楽しんでくれるかなと息子の反応にちょっとドキドキ、ワクワクしています。
乗れるアトラクションも限られてくるとは思いますが、今から調べて当日アタフタしないようにしたいなと思っています。

丁度同じくらいの子供をもつママが家族でディズニーランドに行くといっていたので、どうだったのか参考までに聞きたいなと思います。

今から何か楽しみです。
この行く前の下調べや準備が一番楽しいです。

きっと旦那はディズニーランドで楽しむと言うより食べ物を楽しむと言った感じかなと思っています。なので、食べ物もリサーチしないとなと思いました。

子供が生まれてから本当に楽しみ方が変わったなと思いました。
近くをお散歩するだけでも楽しいので、ディズニーランドもただ居るだけでとっても楽しめるので、本当に楽しみです。

あんまり人混みだと大変なので、平日を狙っています。
何よりも息子がグスグズにならないことを祈っています。

飼い主以外からするとペットの臭いは結構強烈

カンファペットって効果あるの??口コミをチェックする>>

夫の実家では犬を飼っているんですが、犬自体の臭いなのかカーペットに染みついた臭いなのかおしっこ臭いです。

私の実家でも犬を飼っているのでなんだかおしっこ臭いなと思うことはありますが、実家なので思うのと同時にお母さんちょっと臭いんだけど!犬か家かわかんないけど臭い!とズバッと言ってしまえるからいいんですよね。

しかし夫の実家は自分の実家ではないから非常に言いにくいです。
けれどそのままにしておいたらお客さんがこの家に来た時臭いなと思うんだろうな。それはお客さんに対して失礼だし、気がつくべきだよなと色々考えて夫に打ち明けることにしました。

夫を傷つけないように、慎重に言葉を選びましたよ。
慎重すぎたのか犬のおしっこの臭いしない?と軽く聞いたらえー?そう?と軽く流されて終わりました。

どうでもいい話だと思われたな。真剣に話をするタイミングを逃してしまったと落ち込んでいたら、先日ある用事で実家に一時帰宅した夫が我が家に帰ってきた時俺の家おしっこ臭いんだけど!と私に告白してきました。

お前の言う通りだったよ。臭いわと驚いていたのですがかなり前から臭っていたのに今頃気がついたのかと私も驚きました。言われてから意識したのかもしれませんね。

気がついたのはいいものの夫も気を遣ってしまって姑に臭うという事実を告げられずに帰ってきたそうで、どうしようと悩んでいました。
ラインで教えてあげたら?と言ったら文字だろうと直接言う勇気がないと言っていましたよ。

姑はちょっと傷つきやすいので私も夫もいかにこの事実を教えるかで現在頭を抱えています。
もう面倒だから【ペット用消臭剤】を買って送りつけようと夫が言い出したので慌てて止めましたよ。遠回しのつもりみたいですがそんなことをすればこっちの言いたいことがばっちり伝わりすぎるだろうと思いました。

喫茶店に行きたいの。でもね、

愛知県から、秋田県に引っ越してきました。雪のほとんど降らない地域から、1年のうち、数カ月は雪に囲まれて過ごす暮らしに成りました。今冬もいよいよ雪が降る時期に成り、先日、初雪が降った日は、雪、霰、雹、みぞれ、雨と次々に変る空模様に飽きること無く過ごしました。雪道は、車で出かけるのも勇気が要ります。御近所の方がたが、雪の日の運転のコツを教えて下さったり、出かけない方が良いと言って下さったりします。

以前、ホワイトアウトを経験しました。何事も経験とは言いますが、本当に怖かったです。中々、慣れない雪国の暮らしですが、周りの人たちの優しさ、暖かさで助けていただいて暮らしています。愛知県に居た時は、家から徒歩5分で喫茶店、そこから又すぐ喫茶店が有る地域でしたから、友人と会うのも、一人で気晴らしするのも喫茶店でしたが、秋田県に来たら、喫茶店が遠いし少ないしで、ご近所の方々は何処でお茶をするんだろうと思っていました。

ある日、婦人会の集会に参加させていただいたら、話し合いもそこそこに、お茶、コーヒー、甘酒に自家製のお漬物、お菓子、つくだ煮などがテーブルいっぱいに振る舞われ、お茶会に成りました。その後は、腹ごなしに踊りましょうって、皆で踊りの練習もして、笑って、笑って、じゃあまたね。で、お開きでした。

私には、秋田県の方言は、まだ難しくて理解できない事も有りますが、閉じこもってないで、出ておいで。此処に来て笑っているだけで良いからおいで。と言っていただき、凄く嬉しくて嬉しかったです。雪に囲まれて寒い季節は長いですけど、人の心は囲いが無くて暖かな秋田県の暮らしです。ごく、たまに喫茶店に行きたくなりますが、「がっこ、食え。」「お茶っこ、飲め。」と、笑顔で迎えてくれる集会所に通っている冬の日々です。

困ったわんこの時々癒され日記~出会い編~

わんこというのはとても癒されますよね?
また時々私たちには想像のつかないような行動を取って喜ばせてくれたり、困らせてくれたり・・・とにかく私たちに多くの経験をさせてくれます。
今回はそんな私の愛しのわんこ「キキちゃん」との出会いについて紹介したいと思います。
まずキキちゃんはミニチュアダックスの女の子です。
毛はブラック&タンのカラーでスムースコートといってツルツルした触り心地の毛の短いタイプのわんこです。

キキとの出会いは私が昔働いていたペットショップです。
そこで売られる子犬としたやって来たのがキキです。
キキがお店にやって来たのは生後約2ヶ月くらいのことです。
通常子犬というのは人へ愛情を求めて子犬を見に来た人へ可愛らしい仕草で猛アピールします。
しかしキキは人がやって来てもぬぼ?っとし、通常ご飯の時間になると騒ぐはずの子犬なのに全く騒がずマイペースな子でした。
あまり自己主張しないせいで他の子が次々と家族が決まっていっているのにも関わらずキキだけなるとなかなか家族が決まりませんでした。
「この子はマイペースだけどこんなに良い子なのにどうして誰もこの子の良さがわからないんだろう。」そう思いました。

しかしようやくキキにもお客様がついたのです。
何度もキキに会いに足を運んでくれるお客様がやっとできました。
しかしそのお客様もなかなか購入してくれず、ある日犬を飼いたいけれど本当は飼えないと打ち明けられました。
「どうしてこの子にはご縁がないのか」日々お世話をしたり、キキと遊んでいるうちに辛い気持ちになりました。
キキと遊んでいるある日同じショップで働く仲間から「この子はマイペースでアピールが下手くそだけどお世話してくれる人のことがわかるんだね。あなたが来るとすごく嬉しそうだね。」と言われました。

キキ以外にもお世話をしなくてはならない子犬がたくさんいたので気がつかませんでしたが、キキは私のことを見てくれていたのです。
そこで」この子を守っていこう、この子の家族になろう。」と決心しました。
その時キキは生後約7ヶ月。

遅くなってしまったけれどこの子のためにたくさん愛情を注ごうと決意しました。
今思うとキキは私の家族になるために誰にも売れなかったのかなと思います。
運命というのは本当にあるのかもしれないと思った出来事でした。

アラフォー女友達の誕生日プレゼント

42歳の誕生日を迎える、女友達への、プレゼント。
長年の付き合いだから、毎年、誕生日プレゼントを、何にしようか悩む。
他の人とは、かぶらないように。本人が欲しいけど、なかなか買わないもの。

そこで今回は、友達がお茶好きだったことを、思い出し
ちょっと変わったお茶にしようと決めました!

しかし、
最近のお茶は、多種多様で、どれにしようか、悩んでしまった。
アラフォーともなれば、
会話の中で、必ず、身体の老化について、あるある話をするくらい、
だいたい、似たような、症状があって、共感しあって、
なんの改善策も生み出さないまま、「お互い、元気でいようね。」なんて言葉でしめくくることが、多い。

多種多様な、お茶を、一つ一つ、効能を読みながら、
探していくと、
これだ!という、お茶にたどり着きました。

「たんぽぽ茶」です。

たんぽぽ茶の効果は、
アラフォー世代の女子に…。いや、女性に、
ジャストミートなお茶でした。

たんぽぽ茶の効能は嬉しいことばかり、
・不妊改善。
まだまだ、一握りの可能性が、あるはずである「出産」への想い。
・冷え性改善。
最近、季節関係なく、手足の指先が、冷えることが多い。
・便秘解消。
生活習慣のみだれや、若い時とは、胃腸の動きも違うことを実感する。
・乳腺炎予防。
年1回の、乳がん検診で、乳腺炎の疑いがあると、言われることがある。
・むくみ改善。
リンパの流れが悪くなってる。排尿障害もちらほら。
・生理痛の改善。
年を重ねるたび、生理痛がひどくなり、鎮痛剤が、かかせない。
・緑内障の改善。
目の酷使により、早い人は、アラフォーから症状が出る人が多い。

こんなにも、アラフォー女性の、不安な気持ちと身体の老化症状を、
改善してくれそうな、お茶は、
「たんぽぽ茶」しかない!
と思い、アラフォー女友達の、誕生日プレゼントは、
たんぽぽ茶を、可愛く包装してもらい、購入しました。

もちろん、自分の分も、購入しましたよ。

最近の嬉しかったこと

1歳4ヶ月になってもまだまだ歩かなかった息子でした。
周りのお友だちは、もう結構スタスタと歩いていました。
周りのママさんたちは、歩くと大変だからゆっくりの方が良いよと言ってくれます。
まぁ個人差もあるし、その子その子のペースもあるので、特別焦ってはいなかったのですが、やっぱり歩かないとちょっぴり不安も感じます。

室内だとハイハイをしているので、思いきって息子に靴を履かせて公園に行ってみました。そこの公園は芝生もあったので、芝生の上をハイハイさせてもいいかなという感じで、遊びに行きました。

しかし、息子はなんと積極的に立って、ヨチヨチと歩きたしたのです。最初なので、尻餅をしたり前に倒れても手で受け身を取ったりと凄くビックリしました。
なんだこんなに簡単に歩けるじゃんと思わず思ってしまいました。
きっとハイハイが出来ない場所と彼なりに理解したんだなと。もっと早く外に連れてくれば良かったなと思いました。

外に居ると息子はイキイキしてとても楽しそうでした。家だとグスグズしたり、直ぐにママに甘えてきたりなんですが、その日の息子はまるで別人。やっぱり外で遊ぶのは楽しいよなと改めて感じました。
その日を境に息子は部屋でもヨチヨチと歩き出しました。凄い進歩だなと思いました。
手を上に上げてバランスをとる姿が何とも可愛らしく、まだまだヨロヨロなので目が離せません。

確かに歩き出すと大変ですが、成長を感じられてとても嬉しかったです。

子どもはモノマネ名人

子どもは大人の模倣をして育つと言いますが、日々接しているとモノマネが多いことに驚きます。親の言動はもちろん、テレビのアニメのセリフやモーション、CMの歌、芸人さんの決まり文句など、すぐに覚えて同じようにして遊びます。

先日、家で子どもたちと一緒に掃除をしていた時、はたきを持った4歳の子がテレビの前に立ち、何やらやっています。「東京は晴れ、北海道は雪が多いでしょう…」。どうやらはたきが、お天気キャスターの持つ指示棒で、天気予報をしていたようです。
お人形で遊ぶ時や、ままごと遊びの様子を見ていると、口調や話し方が大人そっくりでびっくりします。汚い言葉や不適切な行動はしてはいけないなとつくづく思います。

子どもたちの通う保育園の先生から、このように言われます。「子どもたちに『先生に挨拶して』、『さようなら言って』と言わないでください」と。園の考えによると、子どもたちは大人にそのように言われなくても、心の中で挨拶をちゃんとしているそうです。口に出して挨拶をさせたいのであれば、子どもは模倣する性質なので、大人が挨拶をしてください、という考えです。おかげで、私の子どもの通う保育園の子は、挨拶をしません。

あるママ友が「この間実家に帰ったら、『この子たちは挨拶しないのね』って言われてしまったわ」と言っていました。保育園では挨拶をしなくても心でしていると捉えてもらえるけど、一般社会でそう捉えてくれる人は多くないですよね。園の考え方を受け、その通りだなと思う部分もありますが、家庭ではやはり「挨拶しようね」と言っています。「大人が子どもに正しい姿を見せる」という点は、まったくその通りだと思うので、子どもが苦手なお片付けなどは「片付けなさい」というだけでなく、大人が片付ける姿を見せて、一緒に片付けしなければならないのでしょうね。

子どもは大人の言動を隅々まで観察し、心と体の中に取り入れています。子どもに正しいことをさせたいのであれば、まずは自分からが大切なようです。

出会い系サイトの出会い

恋愛には人それぞれにいろんな形があり、そこからどう進むかもいろんな形があります。昔だったら家同士での紹介や仲人をたてたお見合いがありますが、時代が変わっていくと自分自身で出会って選んで愛をはぐくんでいる恋愛もあります。

街中で出会ったり学校の同級生や先輩職場での恋愛もありますが出会いがなかなかない人だっています。だからこそそこでいいのが、出会い系でのサイトの出会いがあります。出会い系サイトというとイメージが良くない場合もありますが、悪いイメージだけではありません。

私の友達も出会い系サイトで旦那さんと出会った人もいます。出会い系サイトをそれまではあまり私もいい印象がなかったのですが、その友達は今でもらぶらぶで、仲が良いです。そして出会い系サイトでどうであったかも話してくれてなんだか聞いているほうもほっとする形で、見ていて大変こちらとしてもうれしくなります。でも出会い系サイトは高額なところや値段が最初安くても続けていくうちに、料金を取られたりするのでそこが一番大変だと思うところだと思います。出会いがなく出会い系サイトに出会いを求めても収入がなかったら出会うこともできないのは理不尽だと私は思ってしまいます。

でも出会い系サイトには無料で出会えるタダコイというサイトがあるとのことで、知らなかったのでいろいろ良心的なところもあるとわかりました。出会い系サイトのイメージがまだまだ上昇中の途中だと思いますが昔でいう手紙の文字と似ていてもじでつながることで出会った時の感動やわくわく感もあるので、楽しみがたくさんに増えるのだと思います。ただ出会い系サイトもちゃんとしっかり自分で判断していかないと悪いサイトもあるので、ぜひ気をつけていかなければならないと思いました。

子供としまじろうコンサートへ

うちの2歳になる子供は、こどもちゃれんじを受講しています。
うちの子は、そのキャラクターである、しまじろうが大好きです。
普段から、しまじろうのDVDを観ると、キャーキャーと興奮して、とても楽しそうにしています。
定期的に、しまじろうのコンサートが開催しれるので、つい先日も子供と一緒に行ってきました。
12月に開催されるので、クリスマスがテーマのようです。
チケットもこどもちゃれんじ会員先行で取ったのですが、人気のせいか、一次抽選では外れてしまい、二次抽選でようやく当選できました。
一度、落選してしまうと、リベンジでの当選の喜びはより大きくなります。
こどもちゃれんじから、クリスマスコンサートのポスターも届いていたので部屋に貼ると、それを目にした子供のテンションも上がります。
毎日のように、ポスターに描かれているしまじろうを指差しして、とても嬉しそうにニコニコしていました。
コンサートをより楽しむために、コンサートで演奏される曲も事前に聴いて、何となく曲も覚えるようにしました。
コンサート当日は当然ですが、事前にもコンサートに向けて楽しめます。
当日は、大きなコンサートホールに、しまじろうコンサートを観に来たちびっ子たちと付き添いの大人で、大盛況でした。
みんな、しまじろうが大好きなんだな、となんだか嬉しくなってしまいました。
コンサートでは、しまじろうたちが歌ったり踊ったりするのを、うちの子は食い入るように見つめていました。
しまじろうが登場した時には、嬉し泣きまでしていたので、コンサートに連れて来て本当に良かったと思いました。